読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー人事だって、まだ女子と呼ばれたい

人事は会社のお母さんじゃありません。女子扱いされたいけど、仕事では平等に扱われたいお年頃。 仕事と日々のことを気ままに。

実家に帰る足取りが重くなっている私はただの臆病者だ。

アラサー言われる年齢になってから、とりわけ実家に帰る頻度が少なくなりました。

 

高校時代の友人の結婚式で地元に帰ったとしても、実家に寄らずに日帰りすることが断然多くなりました。

 

年末年始も長く実家に滞在することが少なくなりました。

 

家族と面と向かって話す機会が少なくなりました。

 

 

 

 

なぜかって?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あんた結婚の予定は?って聞かれるのが嫌だから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく全国の独身アラサー女子がぶち当たっている問題でしょう。

 

親に会う度に「彼氏できた?」と聞かれる居心地の悪さ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

できません

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今は作らないの、とかじゃない。

できません 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後繰り広げられるのが、このお説教にも似た母からの苦言。

 

 

 

 

・もう30歳過ぎたんだからそろそろ真剣に結婚考えないと

・女性は子供を産める時期も限られてるだから

・ところで結婚資金は溜めてるの?

 

 

 

 

 

この3つのセリフを言われると、そりゃあもうテンション下がりすぎてもはや具合悪くなります。

 

いや、ほんと。

 

 

 

 

 

 

 

結婚しないわけじゃない。

単純に、彼氏ができないんです!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

なぜここまで身内に心をえぐられなきゃいけないんですか。

 

Facebookinstagramの投稿は友人の子供の写真でタイムラインが埋め尽くされ、結婚式に参加してはご祝儀を渡し、久しぶりに再会した同級生にも「まだ結婚してないんだ〜自由でいいな〜」と言われ、友達が旦那さんと子供と手をつないで歩く様を見て羨ましくて自分が欲しくても手に入っていない幸せを目の前で見せられて素直に喜べない自分に自己嫌悪し、今は仕事を頑張ろうと一人暮らしのアパートでシャワーを浴びながら歯を食いしばって生きている私に対してその仕打ちですか。

 

 

 

 

 

 

確かに私にも問題はあります。

 

 

彼氏を作るためにどれだけ努力しているんだと聞かれると、まともに相手の顔を見れません。

 

 

なりふり構わず「今すぐ誰か紹介して!!!さあ!!!」と懇願することもできず、「いい人いたら紹介して♪」くらいのニュアンス でしか友達にお願いできず、自ら合コンを主催することもせず、出会いが多そうな場所に率先して参加もせず、せっかく紹介してもらった男性とのメッセージのやり取りは2ラリーで終了し、結婚式の二次会で気になる男性に声をかけることもできず、予定の詰まっていない休日を過ごす毎日。

 

 

 

 

 

自分に本気度と行動力が足りないのは自覚しています。

 

 

 

 

 

でももうこの歳になると、断られることが怖いんですよ。

 

傷ついて復活するまでのことを考えると、しんどいんです。

 

 

 

 

 

そんなの甘いってわかってます。

なりふり構っていられる年齢じゃないこともわかってます。

 

 

 

でもどんどん臆病になっていくんです。

 

 

 

20代の時は「若い女性」のカテゴリーに分類されたけど、もうそうじゃない。

私のことを選んでくれる人がいるだろうかと、はじめから逃げ腰になってまいます。

 

 

 

 

それじゃあ何も変わらないことも自覚しているけど、それでも行動できないどうしようもない人間です。

 

 

 

 

 

 

はあ・・・

 

 

 

 

 

 

 

彼氏ほしい

 

 

 

 

 

 

 

 

世の独身アラサー女子よ、

共に一歩を踏み出そう。

 

 

 

 

 

だからお母さん、お願いです。

 

いい報告ができるその日までは

 

 

 

 

 

 

そっとしといてください。

 

人事とは秘密を抱えて墓場まで持っていく生き物である

金曜日と土曜日に、久しぶりに再会した人事仲間とお酒を飲んだり、お茶をしました。

 

そんなに人事をしている友達が多いわけではないので、普段話せないような話ができて本当に楽しい時間だったし、勉強になった。

 

私は今の会社に転職して3年目になったけど、人事は未経験でスタートしました。

 

人事としての仕事は、労務管理から始まりました。

 

社員の勤怠チェック・給与計算をして給与の振込手続き、人件費を各部門に振り分けるためにvlookupで式を組んで集計表を作成し、社保の手続き、引越しに伴う定期代の清算、結婚・出産に伴う扶養手続きや家族手当の支給、契約・派遣社員の契約書の更新手続き、人事評価のチェック・集計に賞与計算、年末調整など、苦手な細かい事務手続きを必死にやってた。

 

 

元々事務とか細かくて正確性を求められる仕事が本当に嫌いで、

 

 

 

 

 

なんで私がこんなことをやらなきゃいけないんだああああーー!!!!!!!!

 

 

 

 

 

って思ってました。

 

 

ま、自分が人事やりたくて転職したのに文句言うのも変な話なんですけどね。

 

元々前職が転職エージェントだったので、自社の中途採用をやりたかったんですよ。

労務管理と並行して、入社してすぐ中途採用は私に任せてもらい、2年間で中途社員を40名以上採用しました。

 

採用の話はまた別の機会に書きたいと思います。

 

 

 

そんな感じでやりたかった中途採用も出来ましたが、労務をやらなきゃならなかったのです。

人事として、「労務の知識や経験があった方が絶対にいい!」という上司の考えがあったからなのですが、本当につらかった。。。

 

 

労務をやっていたいのは1年半くらいでしたが、給与計算をミスをしてしまい社員に謝罪したこともありました。

 

 

今月の給与は間違えてないか。

ちゃんと正しい金額が社員の口座に振り込まれているか。

 

 

毎月気が気じゃなかったです。

 

 

今は私より圧倒的に事務スキルがずば抜けている人事に労務を引き継いだので、うちの会社は安泰です。あんしんしてください。

 

 

 

社員の給与計算をするということは、

社員全員の給与を知るということです。

 

 

 

一緒に人事として働いている隣の席の同僚はもちろん、自分の上司、会社の役員、

当然の社長の給与もです。

 

 

 

はじめて給与計算とはなんぞやを知った時、

私は理解しました。

 

 

 

 

 

決して言ってはならない秘密を抱えることが、

人事の仕事なんだと。

 

 

 

 

 

はじめて社員の給与一覧を見た時、ひええええええええええええええこんなもん見ていいんかいいいいいいいいと思いました。

 

 

 

きっと、世の中のスパイは同じ気持ちです。(ちがう?)

 

私と同い年のあの人はこんなにもらってるんだ!とか、課長の年収ってこんなもん?とか分かってしまうんです。

 

 

 

こんな人に話したくなるような話題、ないですよね??

 

 

 

 

もちろん 社員の給与の話を口外したことはありませんし、今後も何があってもしません。

言うべきことではないから。

 

 

 

小学生の頃、「絶対に誰にも言わないでね」と仲良しの女の子に好きな人を教えた時のことを思い出してください。

 

 

 

 

 

次の日、絶っっ対クラス中に広まってます

 

 

 

 

 

 

 そういうもんなんです。人間って。

聞いたり見たものは、人に話したくなっちゃうもんなんです。

 

 

だから人事は口が堅くなければいけません。

自分の口から発してしまわないために。

 

 

人事はみんなそういう秘密を抱えているんです。

 

給与だけでなく、社内のパワハラ・セクハラ問題、ハードワークで体調を崩す社員の対応、メンタル問題、不正に経費清算をした社員の処分など、見たくもないようなネガティブな問題が、社内の暗く奥底に渦巻いています。

 

 

はらわた煮えくり返るようなこともたくさん起こります。

 

 

 

 

でも、うちの社員には違いないから、

平等に接しなければならない。

何事もないかのように。

 

 

 

 

だからそういうもやもやを抱えながら日々業務に当たっている人事仲間と会うと、

「わかるるううう!!!」

となるわけです。

 

 

 

でもね、実際は愚痴より前向きな話が圧倒的に多いんですよ。

 

 

どうしたらもっといい会社になるかなーって。

  

 

だって人事って、

みんな「人が好き」なんです。

 

 

だから、言ってはならないことやネガティブなことは墓場に持っていくとして、

今は明るく楽しい未来を描きたいと思います。

 

 

 

 

 

パクチーがもたらした夫婦の絆の話

こんにちは、ジンジーです。

 

先週の金曜日に、唐突に母が泊まりに来ました。

 

もう慣れっこですが、だいたい前日の夜に

「明日行くね!」

とメールがあります。

 

ひどい時は、日中仕事をしてる時に

「今から行くね!」

って連絡があります。

 

 

 

唐突にもほどがある。

 

 

 

親子だからいいけど、普通に考えたら怖すぎます。軽くホラーです。

 

自分のいないアパートに

 

 

 

 

 

いまからいくね

 

 

 

 

 って怖いわ。

ま、合鍵持ってるから、毎回私の家で勝手にくつろいでるんですけどね。

 

 

私の母はテニスが趣味で、昔からテニス中心の生活でしたが、子供たちが社会人になってからはパートも辞めてテニスに人生を捧げています。

 

テニスの試合が全国でやっているので、全国飛び回って試合に出てます。

 

この前は福岡でテニスやってたそうです。

 

運動を全くやらない私からすると、60歳を過ぎてコートを駆け回ってラケットを振り回す競技をしていることが信じられません。しかも福岡まで行って。

 

 

 

ほんと元気だなー

 

 

 

むしろテニスしかやってないので、お友達はみんなテニスつながり。

 

 

この前、テニス友達がパクチーを家で栽培したそうで、どっさり束でもらったそうです。

 

 

パクチーって家で育てられるもんなんですね。

 

 

パクチーという名前は聞いたことがあるものの、食べたことはない両親。

 

 

でもせっかくの貰い物だし、食べないともったいない。

 

 

使い道がわからないけど、野菜だから小さく刻んでレタスがわりにドレッシングをかけてそのまま食べました。

 

 

 

 

 

 

 

ぶーーーーー!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

思いっきり口から吹き出したそうです。

 

 

 

そりゃそうですよ。パクチーを刻んでそのまま食べるなんて、よっぽどのパクチーフリークじゃないと食べれませんって。

 

 

辛いものを食べたことない人が、いきなり激辛カレー食べるようなもんです。

 

 

 

 

なにこれーーーー!!??

え?食べ物?

食べるものじゃないよね???

 

 

 

 

 

と、なんだか笑えてきて、両親2人で大笑いしながら、トマトやゆでたまごを添えたサラダから、全てパクチーを取り出して、ゴミ箱に運びました。

 

 

 

定年退職した父

テニスに明け暮れる母

両親2人を残して上京してきた娘と息子

 

 

 

熟年離婚などという言葉がニュースで取り上げられる昨今。

 

父と母が夫婦喧嘩をしたら、誰も止める人がいない。2人きりで大丈夫だろうか。

 

そんな不安を抱えていましたが、我が家はパクチーで夫婦の仲が深まったようです。

 

 

 

 

新たな3つの絆が生まれました。

 

我が家はまだ大丈夫のようです。

 

ジンジーの自己紹介

はじめまして!ジンジーです。

 

アラサー女子です。

会社で人事やってます。

ブログタイトルは私の心の叫びです。笑

 

秋から何か新しいことを始めようと思い、ブログをやってみることにしました。

 

まずは自己紹介!

どうぞお付き合いください。

 

 

【出身】

「出身はどこですか?」って聞かれたら、だいたい「仙台です」と答えます。なぜなら実家がそこにあるから。

 

細かく言うと、生まれた時の家は神奈川県川崎市にありました。母が里帰り出産をしたので、生まれた瞬間は宮崎県のおばあちゃんちの隣の産婦人科でした。

 

川崎で幼少期を過ごし、父の転勤で小学校2年生にあがる時に仙台に引っ越しました。

 

仙台の中でも一度引っ越しをし、現在の実家のあるところに落ち着きました。

 

「方言出ないですね」って言われますが、そもそも川崎生まれなんです。

 

しかも仙台市内はあんまり訛ってないんですよ(たぶん)。結構転勤族が多くて、みんないろんなところから集まってますからね。

 

東北弁のネイティヴスピーカー学校の先生くらいでした。

 

今は東京住まいです。

 

【好きなこと】

●音楽

まさにNo music no life。音楽がないと生きていけません。

 

イヤホン忘れた・壊れたとかになると落ち着きません。下着つけてくるのを忘れたような心許ない気分になります。

 

日常で音楽を聴くことはもちろんのこと、野外フェスに行くこと、ライブにいくことも大好きです。今年の夏はサマソニとウルトラに行きました。

 

あ、パリピではありません。

 

●本屋に行くこと

本屋が好きです。毎週少しずつ本棚のラインナップが変わるし、いろんな本屋を巡るのも好きです。

 

電子書籍は読んだ達成感がないので読みません。

 

「あ、これ読みたい」と手に取る本が、今自分が興味のある分野なんだなとわかるので、自分を客観的に見ることができるのも本屋のいいところ。

 

読み終わった本はブックオフに売りますが、基本的には古本は買いません。まっさらな本が好きです。

 

蔦屋書店と蔦屋家電は定期的に通ってます。

 

●映画

映画館で見るのも、自宅でDVDで見るのも好きです。

 

映画館でポップコーンは食べない人です。匂いと音が気になるのと、こぼさないか不安で映画に集中出来ないので。笑

 

休日の満員の映画は苦手なので、平日休みかレイトショー、話題性が落ちてきた終演間近の時に見るのが好きです。

 

常にガラガラな映画館があれば誰か教えてください。

 

●美味しいもの

美味しいものが嫌いな人はいないと思いますが、御多分に洩れず大好きです。

 

食べるために毎朝起きて、食べるために夜寝てる感じです。

 

料理は得意ではないので、美味しいものを食べる=外食ですが、好き嫌いは少ない方なのでわりと何でも食べます。最近は、餃子に心を奪われています。

 

嫌いな食べ物は、牡蠣とホルモンです。共通点はグロいことです。モツ鍋は食べられますが、ぶつぶつとかザラザラベタベタした食感のものは無理です。

 

 

【嫌いなこと】

●煙草

●行きたくない飲み会に強引に誘われること

●当たり障りのない表面的な会話や愚痴を言いあう女子会

 

 

こんな感じです。

友達と過ごす時間も好きですが、1人の時間も好き。

 

ゆるゆる書いていきますので、どうぞよろしくお願いします。