読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー人事だって、まだ女子と呼ばれたい

人事は会社のお母さんじゃありません。女子扱いされたいけど、仕事では平等に扱われたいお年頃。 仕事と日々のことを気ままに。

東京タラレバ娘はスパルタ痩身道場のようなキツさと効果があると思った

東京タラレバ娘、グサグサきた。

 

吉高由里子に雷落ちたり槍が刺さっているのじゃ、表現が生やさしいくらいに。

 

私も彼氏が欲しいとか結婚したいとか言いながら、全くバッターボックスに立ってなかった。

 

だってもう無駄に傷つきたくないから、必要最低限のアクションで成功したいと思ってた。

 

成功の確度が低い勝負はしたくなかった。

 

 

でも、この歳で運命の出会いなんて訪れるわけもなく、時間だけがただ過ぎていく。

 

それどころか変なプライドばかり高くなっていった。

 

 

「この歳まで独身だったから、みんながうらやむような人と結婚したい。」

「20代半ばで結婚して子供を育てている女友達がうらやましがってくれるような人と結婚したい。」

 

 

 

そんな風に理想だけが高くなっていった。

 

「好きになれる人が現れれば」とか「いい人との出会いさえあれば」とか、

そんな言葉をいつからどれだけ口にしただろう。

 

そんなタラレバを言ってたら、30歳という節目をあっという間に超えて、31歳になっていた。そんなタラレバを言っている間に、世の中の「イイオトコ」はどんどん売れていっているというのに。

 

星の数ほど男はいるというけれど、自分が付き合いたいとか結婚したいと思える範囲はなんだかんだ言って狭いし、誰でもいいわけじゃない。

 

30歳手前で真剣に結婚を考えていた人と「自分が自分でいられなくなるほど我慢しなければならない人とは結婚できない。それなら結婚しない方が100倍マシ。」と思って別れたから、やっぱりそこは妥協しちゃいけないんじゃないかとも思う。

 

だから自分の許容範囲にあてはまる男性という数少ない母数の中から自分のパートナーを探さないといけないというのに、バッターボックスにも立たずにただ高みの見物をしていたんだから、結婚できないのは当然だ。

 

 

冷静になって客観的に考えれば分かることも、どうして自分の恋愛となると、こうも合理的な判断や行動ができなくなってしまうんだろう。

 

 

歳を重ねるほど「イイオトコ」の母数は減少し、自分の市場価値も下がっていくことが明白なのであれば、今すぐ行動を起こすべきだし、「もっといい物件があるかも」なんて悠長なことを言ってないで、自分で決めた期限内で今あるリソースの中から選んで決断するか、選択肢が少なすぎるのであれば選択肢を増やす行動を取るべきだ。

 

 

そんなのわかってる。

わかってるけど、自分のこととなるとできないんだ。

 

 

いや、できないんじゃない。

 

 

やらなかったし、やりたくなかっただけだ。

 

 

 

合コンや婚活を熱心にやっている人をどこかで見下してたし、周りに「モテない」と公言してるみたいでやりたくないと思ってた。

 

「彼氏いないから誰か紹介して!」と友達に言いつつも、なかなか男性を紹介してくれない友達を「いつ紹介してくれるの」とせかすこともなく、せっかく紹介してくれた男性がタイプじゃないとか言って好きになる努力もせずに、「出会いがない」とほざいてた。社内恋愛はめんどくさいとか、社内で好きになれそうな人がいないからと言って、男性社員からの軽いアプローチにも知らないふりをして、気軽に飲めるおじさん達との飲み会にばかり行って「彼氏できないんですよね~」とか言いながら、15歳以上も年の離れたおじさん達にオンナノコ扱いしてもらうことで、「まだ私もイケるでしょ」という幻想を見ていた。

 

「やせたーい」とか言いながら食後のデザートをやめられない私のような腑抜け者にとって、東京タラレバ娘は、見たくなくて見ないふりをしていた自分の贅肉のようなドロドロとした汚いものを白昼のもとにさらすことで、本気でダイエットをせざるをえない状況にするスパルタ痩身道場のようだ。

 

 

見ててむちゃくちゃキツイ。

そんな追いこむ?ってほどキツイ。

 

 

でも自分を誤魔化すスキルを持っているアラサ―女にとって、むちゃくちゃパンチのあるキツイやり方じゃなきゃ、自分が本当にヤバイという自覚すらできないのだ。

 

 

「あ、私やばい。」

 

 

まずはやばいことを自覚して、バッターボックスに立つ覚悟を決めること。

 

バッターボックスに立ってはじめて、スタートラインに立つということになる。