読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー人事だって、まだ女子と呼ばれたい

人事は会社のお母さんじゃありません。女子扱いされたいけど、仕事では平等に扱われたいお年頃。 仕事と日々のことを気ままに。

イイ女になれないのは私が頑固すぎるからかもしれない。

だいぶレンアイから離れてしまっている私ですが、この前男性と二人でお食事にいきました。

 

それもはじめましての相手と。

 

どういう出会いかはまた後日語ります。

 

 

駅で待ち合わせをして、彼の知り合いが店長をやっているお店へ。

 

 

はじめましてなのにいきなり知り合いがやってるお店って結構ハードル高いなとも思いつつ、自分のホームグランドに連れて行ってくれるあたりは好感が持てます。

 

 

そんなこんなで店長と時折話をしながら、というかちょっと茶化されながら会話や食事を楽しんでいました。

 

仕事のこと、学生時代のこと、趣味のことなどを話していても、話のテンポとか会話の内容とかもストレスがなくて単純に楽しいなって思いました。

 

 

 

 

そんな時、事件は起こりました。

 

 

 

 

 

相手のスマホに着信が。

 

 

私は普段誰かと食事をしていたり、飲んだりしている時は、スマホはカバンもしくはポケットに入れておくか、机の上に置いていても伏せておきます。着信があっても、よほど緊急の連絡ではなさそうであれば出ません。

 

ところが、「あ、明日の飲み会の連絡っぽい。ちょっと電話出ていいですか?

 

と言って電話をかけにいってしまいました。

 

 

私的には「え、出るんだ。。。」と内心思いつつも、初対面の相手なのでそこは愛想よく「いいですよー」と笑顔で送り出します。

 

 

そして一人になった私を、気を遣って店長が話し相手になってくれます。

 

 

いつからお店やってるんですか?

なぜここの場所にお店出したんですか?とか話していたら、

 

 

 

青ざめた顔をした彼が戻ってきました。

 

 

 

ん?なんかよくない予感。。

 

 

 

 

ほんとーにすみません!!!

 

明日だと思ってた飲み会、今日でした!!!

お世話になっている人の結婚祝いなんで、顔出さないとまずくて。

今から行ってもいいですか?

 

 

 

 

 

 

え?

 

 

 

ええええええええええ!!!!!?????

 

 

 

 

 

うそでしょ。

まだ食事し始めて30分くらいしか経ってませんけど。

 

 

店長さんも共通の友人らしく、お前なんでそれ忘れてんの?バッティングしてるとか最悪だなお前とか言われているので、嘘ではない様子。

 

 

 

ということで、早く食べちゃいましょうと急かされながらご飯を食べる私。

 

 

 

 

なんじゃこりゃ。

 

 

 

 

目の前の相手が「本当にすみません」と謝り続けるので、もはや呆れてきて頑張って作ろうとする笑顔も引きつります

 

 

 

出会ってから食事して解散まで

所要時間1時間

 

なんて効率的なんでしょう。

 

じゃなくて、まじでありえない。

 

 

 

 

別に好きとかそういうレベルではまだ全然なくて、メールのやりとりとかしてちょっといいなーと思っていただけだけど。自分だったら絶対にしないことをされた怒りというか、悲しさというか、そんな気持ちでいっぱいでした。

 

 

《私的にありえないこと》

① 一対一でご飯を食べたり飲んだりしている時に、平気で電話に出ること。

→私だったら、緊急の連絡以外は後で折り返す。

 

② そもそも予定がバッティングすることがありえない。

→仕事でもプライベートでも、うっかり予定が被ってた、ましてや被ってたことに気づかないことがありえない。この人仕事できないのかなって思っちゃう。

 

③ バッティングしていたとはいえ、もう一つの飲み会に行くことがありえない。

→友達思いのいい人だとは思います。でも初対面であった相手に食事をせかし、別の飲み会に行くってどうなの?友達なんだから、別の機会に埋め合わせするからごめんじゃだめなの?

 

 

初対面で異性に会うって、まだ恋愛モードではないけど、

カジュアルなデートなわけですよ。

 

 

ここで「いいな❤️」となるか、「合わないな」となるかの判断をお互いにするわけですよ。つまりは一次面接です。

 

 

A社の一次面接中に、もう一社(B社)の面接とバッティングしてたからそっちの面接行ってもいいですか?と言われたら、当然A社よりB社の方が優先度が高いんだなと思うじゃないですか。

 

A社からしたら、よほど魅力的な人でない限り、他の人を採用しようと思います。

 

 

なんかいつの間にか採用の話になっちゃいましたけど、でもそういうことです。

 

 

そんな風に採用活動のように恋愛はドライにいかないかもしれないけど、私はそういうことを大事にしているんだと改めて感じました。

 

 

 

何を大切にして、何を優先するか。

 

 

 

自分が大切にしている価値観をないがしろにされるって、結構ショックなわけです。

初めて会う人に少しでもイイ印象を持ってもらいたいと、念入りにメイクして髪をセットして服装を何度も鏡でチェックして準備をしたのに、彼は30分で解散しようと言った。私のレンアイ偏差値が著しく低いだけなのかもしれないですけど、少なくとも私はショックでした。

 

 

20時半に解散したから時間があまりまくっていたので、EDM系のアップテンポな曲をガンガン聴きながら、一駅歩いて帰りました。笑

 

 

もう連絡するもんかとも思ったけど、奢ってもらったのをメールでもお礼をしないと社会人としてどうなんだという気持ちもあったので、一応帰宅してからLINEしました。

 

 

でもその夜、彼からの返事はありませんでした。

 

 

翌日の朝、「昨日はすみませんでした!同じ駅に住んでいる人と一緒に帰ったので、返事が遅くなりました。今度埋め合わせさせてください!」

 

 

 

 

昨日のことでアリ・ナシの判断をせず、もう一度会ってみて話をしてから判断したほうがいいかなと悩んでいた気持ちが一気に冷めてしまいました

 

 

 

普通に読んだらどうってことない内容かもしれないんですけど、なんか言い訳がイヤで。

 

同じ駅に住んでる人がどうとか、私からしたらどうでもいいんですよ。別に返事が翌日になっても全然気になりません。

そういえば予定がバッティングしてたことも、自分が忘れてたとかじゃなくて、幹事が自分に店の場所と日時を連絡してこないからだって、彼は言ってました。

 

 

この人はきっと、いろんなことを何かのせいにして、自分を正当化したいだけなんじゃないかと思って、既読スルーしちゃいました。

 

 

苛立つ気持ちを抑えてもう一度会ってみるという選択肢もあると思いますが、私にはできませんでした。

 

 

頑固すぎますかね?

 

私は男を転がすイイ女にはなれなそうです。

そしてまた少し、婚期が伸びたみたいです。